楽天モバイル に乗り換えました

ガジェット

個人ケータイのキャリアを見直しをします。

各社のサブブランド

値下げの名目で各社サブブランドを提供しており、

ahamo、UQ、ワイモバイルが各社出揃いました。

3社とも一長一短で遜色はないのですが、

彼女や娘ちゃんは  お犬様から UQモバイルへ この春に乗り換えました。

結果的に 20,000円/2人/月 ーーー> 5,000円/2人/月 程度と大幅な圧縮に成功(学割有り)。

ただ年頃の娘ちゃんはデータ利用量 20Gが月末を待たずして到達してしまう問題が発生しているのもあり、

今回私は データ無制限で 2,980円と強烈な宣伝文句の 楽天モバイル 選んでみました。

楽天モバイルのメリット、デメリット

当然安いには理由があるわけで、メリット、デメリットを確認。

メリット

まずは料金プランがシンプル。

下記を見ていただけるとわかりますが、導入後のアプリ、my楽天モバイルで見ると値段が一目瞭然。

特に1G以下は無料はすごい。

実際私の携帯は Backup機であまりしようしないので、これは嬉しいPricingです。

また使用量との相関が非常にわかりやすいですね。

(税込が横にあるのが親切なんだか、不親切なんだかですが)

2番目は ポイント。

料金もポイントで支払えるということで、これは面白い仕組み。

色々買い物をする私には結構なメリットになります。

3番目は キャンペーン。

母数を増やしたいの楽天さんなので、いろんなキャンペーンを展開中。

以前は一年無料もありましたね。

私はポイントバックと3ヶ月無料のキャンペーンでした。

デメリット

続いて、デメリット。

これはまだ未体験ですが、同僚のTさんも楽天モバイルで一年間無料のキャンペーンで乗り換えた口ですが、

やはり楽天モバイルの電波環境が弱いようで、突然繋がらなくなることもあるよう。

この辺は改善されてきているらしく、私はまだ遭遇していませんが、この夏の里帰り等で確認したいと思います。(このMapの色も微妙にわかりずらいw)

2番目は通話料。

基本無料ですが、あくまで「Rakuten Link」というアプリを使用した場合のみ。

「Rakuten Link」から発信しないと通話料が割高になりますので、

折り返しの電話や緊急事でうまく利用できるのか? 

少しコツと慣れがいりそうですね。

当面、様子を見ながら使用して問題がなさそうであれば、

再度 彼女さん、娘ちゃんも楽天モバイルに乗り換えようかと思います。

タイトルとURLをコピーしました