ゲレンデドライブ 再びの VISON

Geländewagen G350d

さて先日慌てて帰ったVISON。

天候が不順でなかなか来れませんでしたが、雨の隙間をぬって再訪しました。

相変わらずの賑わいですが、駐車場も広く、敷地も広いので そこまで密にはなりません。

湯の山温泉にある「アクアイグニス」の雰囲気があります。

VISONのMap。

いくつかのブロックに分かれていますので順を追って。

スィーツビレッジ

駐車場に車を停めて、最初に訪れたのはスィーツビレッジ。

パティシエ・辻口博啓(つじぐち ひろのぶ)さんが創作するショコラのお店 LE CHOCOLAT DE H (ルショコラドゥアッシュ)、ケーキ、焼き菓子、コンフィチュールなどを楽しめるコンフィチュール アッシュが軒を連ねます。

とても可愛らしいお菓子達、マカロンを買って帰りました。

和ヴィソン

スィーツビレッジからブリッジを渡り、和ヴィソンエリアへ。

この時点でお腹ぺこぺこだったので、ランチ出来そうなところを探します。

腰を落ち着けていただく、鰻、天ぷら、すき焼き等にも心が動きますが

いろんなモノを食べたいのでフードコートチックな「ダイニングホール」へ。

中はドームのようになっており、外周をお店、真ん中部分がテーブルになっています。

テーブルにはお店の一押しの写真メニューがあります。

どこも美味しそうで目移りします。

悩んだ結果に、これを頂きました。

王様のザンギ 1500円と鳥羽のかき焼き 400円。

値段はフードコート価格を超えていたのでびっくりしましたが、美味しいです♪

一息ついてお買い物へ!

日本伝統の みそ、醤油、お酢、味醂、のり、乾物。

どれも本物の美味しさで、色々買い込んでしましましたw

キュウリの一本漬けも爽やかなお味で美味しかったです。

ホテルVISONと本草湯

続いて天空に向かっているかのようなエスカレータへ。

階段の横はホテルの各フロアーにつながっています。

頂上までいくと「本草(ほんぞう)エリア」があります。

入浴施設を中心としたエリアで、三重大学とロート製薬の共同研究した

「本薬湯」は 新型コロナウィルスの不活化に有効だとか。

また季節ごとに様々な薬草湯を楽しめます。

他にもウェルネスメニューが揃うサロン「Wellness Salon by TEUZUSIKI」、

ミネラルミスト浴「LeFuro」、

本草を使ったお茶が楽しめるカフェ「本草研究所RINNE」

などあります。次回はぜひ入浴しレポートします。

サンセバスチャン通り

エスカレーターで下に戻りサンセバスチャン通りへ。

スペインバルが軒を連ねてタパスを楽しめるエリア。

ゆっくりホテルに泊まり、本薬湯のあとでワインを飲みたくなるような素敵な場所でした。

マルシェヴィソン

最後は橋を渡ってマルシェヴィソンへ。

マルシェ=市場 で地元のお野菜や果物などが楽しめます。

広場にはいろんなフードカーやキッチンカーも。

駐車場と精算方法

これだけ広大な敷地なので

駐車場の心配はありません。

こちらは駐車券のシステムではなく、入り口でビデオカメラで車番を撮影されており、精算時には少し注意が必要です。

精算方法は以下のとうり。

QRシートを貰う

買い物時に以下のようなQRシートを貰います。(QR部分はマスキングしています)

  60分、120分と数種類ありました。

精算機で精算

駐車場のいろんなところに下記のような精算機があります。

以下のステップで精算できます。

1 精算開始はココをタッチ!を押す

2 ナンバープレートの四桁を入力(不明時はサポートがあります)

3 自分の車をモニターから選んでタッチする

4 QRシートを「サービス券をかざす」で読み取らせるか 

 現金/カード/IC系にて支払い。

最近 新しいショッピングモール等に行ってないからか驚きです。

駐車券渋滞もなく、これは便利です。

2時間弱の滞在でしたが とても楽しめました。

まだ木々は植えたばかりで成長には数年かかると思いますが、

その頃にはVISONもさらなるショップが入っていると思います。

将来が楽しみな商業施設が三重県にできました。

タイトルとURLをコピーしました